珍しいパスタ料理|サルバトーレで美味しいを堪能しよう|お腹が鳴ったら

サルバトーレで美味しいを堪能しよう|お腹が鳴ったら

家族

珍しいパスタ料理

パスタ

ボンゴレ・ロッソとは

豊中市の豊中駅前のイタリアンのお店でボンゴレ・ロッソというあまり聞き慣れないパスタが人気になっています。一般的にはボンゴレ・ビアンコがイタリアンの主流ですがボンゴレ・ロッソも実は本場イタリアでは古くからある伝統的なイタリアンの一つです。ボンゴレはアサリ、ビアンコは白を意味します。つまり白ワインでアサリを蒸すためにこのように呼ばれます。ではロッソとはなんの意味なのでしょうか。ロッソはラテン語で赤を意味します。つまりトマトソースのことです。豊中で見かけたこのボンゴレ・ロッソとはアサリのトマトソースで仕上げたイタリアンパスタという意味です。豊中のそのお店ではトマトソースの風味とアサリのコクが絶妙な味わいを醸し出し、人気のメニューとなっています。

日本人好みの味

ボンゴレ・ロッソは豊中のそのお店に限らず日本の至るところで最近は見かけるようになりました。ナポリタンなどで有名な南のイタリアン料理で、北のイタリアンよりも日本人の好みに合うといわれています。豊中のお店ではビアンコ、ロッソの両方を提供していますが、都心では最近はロッソオンリーのイタリアンのお店もあるそうです。それだけ注目されているということかもしれません。ただし、注意する点としてトマトソースはにんにくやバジル、ローリエをはじめとする香料が数多く使われています。お昼時などは匂いが気になる方はディナーまで待ったほうが良いかもしれません。豊中を訪れた際は豊中駅前のイタリアンを楽しんでみてはいかがでしょうか。